1. 福岡市早良区西新の整骨院
  2. > ブログ一覧
  3. > 頭痛
  4. > 頭痛につながる肩こりの原因とその解消方法を教えてください。

2019年04月12日頭痛

頭痛につながる肩こりの原因とその解消方法を教えてください。

 


肩こりが原因の頭痛とは?


頭痛といえば風邪や二日酔いなど、多くの人が経験のある症状です。

しかし、病気とは関係ない頭痛が続く、いわゆる「頭痛もち」の人も少なくありません。

 

 

「いつも原因不明の頭痛に悩まされている…」といった、解消できない頭痛に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、実はその頭痛は、もしかしたら肩こりが原因の頭痛かもしれません。

 

 

肩こりは首や肩の筋肉が緊張することで起こりますが、筋肉が緊張すると血管が圧迫され、頭への血流が悪くなってしまいます。

この肩こりを起こした筋肉による血流悪化が、頭痛を起こす原因になるのです。

 

 

肩こりが原因となる頭痛は、後頭部から首にかけて頭が締め付けられるような頭痛になります。

 

 

また、肩こりを伴った頭痛や肩こりを起こすデスクワークをした後の頭痛、長い間ダラダラと続く頭痛や軽いめまいを伴う頭痛は、肩こりが原因の頭痛だと考えられます。

 

 

それでは、この肩こりが原因となる頭痛を解消するにはどうすればよいのでしょうか。

 


頭痛につながる肩こりの原因と解消法


肩こりが原因で起こる頭痛を解消するには、肩こり自体を解消することが一番の解消法です。

これらの肩こりを解消し、頭痛を解消する方法には次のようなものがあげられます。

 

 

1. 首筋を温める

 

筋肉は温めることで緩むため、ぬるめのお湯にゆったりと浸かったり、蒸しタオルで首筋や肩を温めることで、肩こりを解消することができます。

 

 

また、体を温めることで血行もよくなり、肩こりが原因となる頭痛の解消にもなります。

 

 

2. 適度な運動をする

 

運動不足で体の筋肉量が少なくなると疲れやすくなり、肩こりや頭痛を起こしやすくなります。

 

 

そのため、適度に運動をすることが肩こりや頭痛の予防になり、また、運動をして筋肉を動かすことで血流もよくなるため、頭痛の解消にもつながります。

 

 

3. ストレッチをする

 

デスクワークなどで同じ姿勢を続けていると、首や肩の筋肉が固定されて凝り固まり、肩こりや頭痛の原因となります。

 

 

そのため、適度に首や肩を動かすストレッチを行なって筋肉の緊張をほぐすことで、頭痛につながる肩こりを予防することができます。

しかし肩こりが慢性化してしまうと、これらの解消法でも頭痛や肩こりが解消されない場合があります。

 

 

そのような肩こりの多くは深層の筋肉の凝りが原因となっていて、個人の解消法ではなかなか肩こりや頭痛を解消することができません。

 

 

そのため、慢性化した肩こりが原因となっている頭痛は、整骨院など信頼のある専門家に相談されることをおすすめします。

 

 

関連して読まれている記事


筋肉疲労による腰痛を改善するために必要なこととは?

自宅でできる骨盤エクササイズで下半身ダイエット

O脚と腰痛はどのような関係があるのでしょうか?

なぜ腰痛解消に骨盤矯正が効果的なのでしょうか?

 

腰痛・頭痛・肩こりでお悩みの方は
からだバランス整骨院へ

■西新院

福岡市早良区西新4-8-32

TEL:0120-528-244

LINEでのご予約はこちらから

■博多院

福岡市博多区博多駅前4-9-28エヌケイビル2階

TEL:0120-706-528

LINEでのご予約はこちらから

https://karada-b.com/

治療院めぐりを当院で最後にしてください。
「からだバランスマッサージ・整骨院」で痛みのない生活を取り戻しましょう!

copyright © KARADABALANCESEIKOTSUIN