1. 福岡市早良区西新の整骨院
  2. > ブログ一覧
  3. > 骨盤矯正
  4. > 骨盤矯正で外反母趾を改善できるというのは本当でしょうか?

2019年04月18日骨盤矯正

骨盤矯正で外反母趾を改善できるというのは本当でしょうか?

 


外反母趾の原因は骨盤の歪みと関係する


自分は外反母趾なので歩くのが辛い…そんな悩みを抱えた方はいませんか?

 

 

外反母趾とは、足の親指の付け根が変形し通常より外側へ曲がってしまっている状態のこと。

この外反母趾は生まれつきの骨の変型などでだけで起こるわけではなく、足の横アーチを支えている靭帯が緩んでしまうことが原因となることでも起こります。

 

 

この靭帯の緩みは、コンクリートのような固い地面からの衝撃や、子どものときに十分靭帯が鍛えられていなかったことなどが原因で起こると言われていますが、実は骨盤の歪みもその原因の一つだと言われていることをご存知でしょうか。

 

 

「足の骨と骨盤の歪みに関係があるの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、骨盤の歪みは外反母趾の原因と大きく関係しているのです。

 

 

高いヒールを履いたり、悪い姿勢を続けることで起こる骨盤の歪みは、骨盤矯正をしなければそのまま体中のバランスを歪ませます。

 

 

骨盤は足の骨を支える大切な骨であるため、骨盤が傾くと、歩くときの左右の足の動かし方や体重のかかり方が偏り、足に負担を掛けてしまうのです。

 

 

もちろん、すぐに骨盤矯正などで歪みを取れば問題ありませんが、時間がたつにつれて負担のかかった足の靭帯は衝撃に耐え切れずに緩み、足は外反母趾になってしまいます。

 

 

外反母趾になると足にかかる体重のバランスが崩れてしまうため、さらに外反母趾が悪化するのです。

このように外反母趾の原因と骨盤の歪みは、互いに切り離せないものです。

 


骨盤矯正は外反母趾に効果があるの?


それでは、このような骨盤の歪みが原因となっている外反母趾に対して、最も効果的な治療法が何かといえば、それは骨盤矯正です。

 

 

骨盤矯正は骨盤の歪みをとることで体中のバランスを整えるものですが、骨盤矯正によって股関節や足の歪みが改善されることで、左右の足のバランスが整い、靭帯が緩む原因を改善することができます。

 

 

骨盤矯正は外反母趾で曲がっている親指をすぐに引っ込めることはできませんが、骨盤矯正によって整えられた足のバランスを維持すれば、外反母趾は自然と改善していくのです。

 

 

このとき、骨盤矯正後に足指の運動などで足の指を支える筋肉や靭帯を鍛えることで、より早く症状を改善することができます。

このように骨盤矯正による改善は根本的な原因を取り除くため、再発がしにくい非常に効果的な方法なのです。

 

 

関連して読まれている記事


骨盤矯正はO脚の矯正に効果があるのでしょうか?

O脚と腰痛はどのような関係があるのでしょうか?

腰痛と股関節の関係について教えていただけますか?

 

腰痛・頭痛・肩こりでお悩みの方は
からだバランス整骨院へ

■西新院

福岡市早良区西新4-8-32

TEL:0120-528-244

LINEでのご予約はこちらから

■博多院

福岡市博多区博多駅前4-9-28エヌケイビル2階

TEL:0120-706-528

LINEでのご予約はこちらから

https://karada-b.com/

治療院めぐりを当院で最後にしてください。
「からだバランスマッサージ・整骨院」で痛みのない生活を取り戻しましょう!

copyright © KARADABALANCESEIKOTSUIN