1. 福岡市早良区西新の整骨院
  2. > ブログ一覧
  3. > 腰痛
  4. > 腰痛や背中痛(背中の張り)を引き起こす原因とは?

2019年04月21日腰痛

腰痛や背中痛(背中の張り)を引き起こす原因とは?

 


腰痛や背中痛を引き起こす原因とは


 

日常生活において、腰痛や背中痛に悩まされている方は少なくありません。

「マッサージをしても腰痛や背中痛がとれない…一体何が原因なのだろうか?」と腰痛や背中痛でお困りの方も多いのではないでしょうか。

 

 

腰痛や背中痛を引き起こす原因は主に二種類あります。

 

 

まず一つ目の腰痛や背中痛の原因は、筋肉疲労です。

 

これは腰痛や背中痛の原因のうち最も多くの割合を占めており、いわゆるデスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっていたり、姿勢が悪いことが原因で腰や背中の筋肉にかかった負担が、これらの痛みの原因となります。

 

 

この原因による腰痛や背中痛はストレッチなどでこりをほぐしたり、血流を良くすることで解消する軽いものがほとんどですが、常に起こりうる原因であるため、長期間放置することで腰痛や背中痛が慢性化しやすいものでもあります。

 

 

次に二つ目の腰痛や背中痛の原因は骨の異常です。

 

背骨や腰の骨盤は人間の体をまっすぐに支える大切な役割を持ちますが、その分かかっている負担も大きく、交通事故のような強い衝撃が加わったり、猫背のような悪い姿勢などを続けることが原因で、背骨や骨盤が大きく歪んでしまうことがあります。

 

 

このような歪みは筋肉疲労による腰痛や背中痛の原因だけでなく、進行することで変形性脊椎症や椎間板ヘルニアといった病気を発症する原因になるのです。

 

 

これらの病気は、歪んだ背骨によって神経が圧迫されることが原因で、激しい腰痛や背中痛がひきおこされます。

 

 

骨の異常が原因となるこれらの腰痛や背中痛は、整形外科や整骨院など専門家による治療が必要となります。

 

 


本当は怖い! 注意すべき腰痛や背中痛の原因


 

このように、腰痛や背中痛の原因のほとんどは、背骨や骨盤の歪みからくる筋肉疲労です。

 

 

しかし、腰痛や背中痛の原因にはこれ以外に、もっと注意すべき原因が存在します。

それが、内臓の病気を原因とした腰痛や背中痛です。

 

 

どうして内臓が腰痛や背中痛と関係があるの?と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、内臓と背中や腰は位置が近く、内臓の炎症による痛みが腰痛や背中痛として現れることがあるのです。

 

 

腰痛や背中痛を起こす主な原因として、胃がんや肝臓がん、腎盂腎炎、尿路結石、狭心症などの病気があります。

 

 

これらが原因となる腰痛や背中痛は、放置しておくと命に関わるため、非常に重大です。

内臓が原因となる腰痛や背中痛の特徴として、吐き気や発熱など別の症状の併発があります。

 

 

筋肉疲労が原因の痛みとは違った腰痛や背中痛を感じたら、これらの原因を疑って病院を受診することをおすすめします。

 

 

関連して読まれている記事


ぎっくり腰になる予兆にはどのようなものがあるのでしょうか?

本当は怖い!腰痛の原因に内臓が関係する場合の特徴とは?

O脚と腰痛はどのような関係があるのでしょうか?

 


腰痛・頭痛・肩こりでお悩みの方は
からだバランス整骨院へ

 

■西新院

福岡市早良区西新4-8-32

TEL:0120-528-244

LINEでのご予約はこちらから 

 

■博多院

福岡市博多区博多駅前4-9-28エヌケイビル2階 

TEL:0120-706-528

LINEでのご予約はこちらから

 

https://karada-b.com/

腰痛・頭痛・肩こりでお悩みの方は
からだバランス整骨院へ

■西新院

福岡市早良区西新4-8-32

TEL:0120-528-244

LINEでのご予約はこちらから

■博多院

福岡市博多区博多駅前4-9-28エヌケイビル2階

TEL:0120-706-528

LINEでのご予約はこちらから

https://karada-b.com/

治療院めぐりを当院で最後にしてください。
「からだバランスマッサージ・整骨院」で痛みのない生活を取り戻しましょう!

copyright © KARADABALANCESEIKOTSUIN