1. 福岡市早良区西新の整骨院
  2. > ブログ一覧
  3. > 腰痛
  4. > 筋肉疲労による腰痛を改善するために必要なこととは?

2019年04月07日腰痛

筋肉疲労による腰痛を改善するために必要なこととは?

 


腰痛は背中の筋肉疲労が原因で起こる


 

立って家事をしていたら背中が張ってしまった。

座りっぱなしでパソコンに向かっていたら腰が痛くなった。

 

 

みなさまも、一度はこのような症状の経験をお持ちなのではないでしょうか。

 

 

何度も腰を曲げたり、立ちっぱなし・座りっぱなしのように同じ姿勢を長時間続けていると腰痛が起こります。

 

 

最も一般的であるこれらの腰痛は「筋・筋膜性腰痛」と呼ばれ、背中や腰の筋肉疲労が原因で起こる腰痛です。

 

 

筋肉疲労といえば筋肉痛がまず思い浮かぶのではないかと思いますが、この筋肉疲労による腰痛も同じ原因により起こるものです。

 

 

腰や背中の筋肉に長時間負担をかけると、筋肉疲労から背中や腰の筋肉に乳酸がたまり、固くなった筋肉が原因で血行不良による腰痛になります。また、筋肉疲労による筋繊維の炎症も腰痛の原因です。

 

 

この筋肉疲労を原因とする腰痛の特徴として、腰から背中にかけての張りや凝り、だるさといった軽い腰痛症状があります。

 

 

一方、比較的軽い腰痛であることから放置されがちであり、筋肉疲労が治らないうちに更に負担をかけたために徐々に腰痛がひどくなったり、突然ぎっくり腰のような強い腰痛を起こす事例が多くあります。

 


筋肉疲労による腰痛の症状を改善するために


 

では、筋肉疲労を原因とした腰痛を改善する方法として、どのようなものがあるでしょうか。

 

 

そもそも筋肉疲労による腰痛の症状は、筋肉の受けたダメージが自然回復する過程で起こる腰痛であり、病気ではありません。

 

 

そのため腰痛に悩まないためには、まず腰痛の原因である筋肉疲労を起こさない生活をすることが第一です。

長時間同じ姿勢を続けたり、無理な姿勢や運動を繰り返さないことで、筋肉疲労による腰痛は予防することができます。

 

 

しかし、実際の生活においてどうしても腰痛が起こってしまった場合は、楽な姿勢で休息することで改善します。

 

 

また、乳酸による筋肉の凝りが原因の腰痛は、温めたりマッサージをして血行を良くすると痛みが改善します。

さらに、筋肉量を増えると筋肉疲労しにくく腰痛を起こしにくい体になるため、適度な運動は腰痛予防として非常に効果があります。

 

 

ただし、腰痛が治る前に負荷をかけるなどで長期間の筋肉疲労を溜めてしまっている腰痛については、深層の筋肉や骨盤など骨の歪みが起こっていることがあります。

 

 

その場合は一度,整骨院などに診察を受けてみましょう。

 

腰痛・頭痛・肩こりでお悩みの方は
からだバランス整骨院へ

■西新院

福岡市早良区西新4-8-32

TEL:0120-528-244

LINEでのご予約はこちらから

■博多院

福岡市博多区博多駅前4-9-28エヌケイビル2階

TEL:0120-706-528

LINEでのご予約はこちらから

https://karada-b.com/

治療院めぐりを当院で最後にしてください。
「からだバランスマッサージ・整骨院」で痛みのない生活を取り戻しましょう!

copyright © KARADABALANCESEIKOTSUIN